可変カレンダー3



2017年9月20日公開

★可変カレンダー3について
 このアプリはイベントの数に合わせてサイズを自動調整し、全てのイベントを表示するカレンダーです。
 カレンダー、写真、リマインダー。バラバラだったデータを1つにしたら便利で楽しいカレンダーができました。

★使い方
 iOSカレンダーデータを利用するので、設定しなくても純正カレンダーと同じ内容を表示します。

・月ビュー
日セルをタップ:日ビューを開く
週をスワイプ:週ビューを開く
左右矢印ボタン:年移動
写真ボタン:写真だけ表示する
3D Touch:日ビューをプレビュー

・日ビュー
「+」ボタン:新規イベント作成
「Q+」ボタン:タイトルだけ入力してその日のイベントを簡単に作成
「R+」ボタン:新規リマインダー作成
3D Touch:写真をプレビュー

★特徴
・月ビューで全てのイベントを表示(「あとX件」と表示して隠れてることがありません)
・強力な検索機能(標準カレンダーと違い何十年でも検索可能)
・その日の写真を一緒に表示
・写真にGPS位置情報があれば地図で表示
・祝日カレンダー対応(祝日を赤く表示します)
・横画面にも対応
・写真対応カレンダーにしては軽快な動作
・リマインダーも表示
・六曜表示

★リマインダーについて
 このアプリで扱うのは、完了したものや、未完で通知設定されたものなど日付情報のあるリマインダーだけです。

★日ビューで素早くイベント作成
 iPhoneにデフォルトカレンダーとして設定してるカレンダーのイベントを簡単に作成できます。
 日ビューで「Q+」ボタンを押すとタイトルを入力する画面が出てくるので、入力して「OK」ボタンを押すだけでデフォルトカレンダーに登録されます。「Edit」を押せばイベントの各項目を編集する画面が表示されます。
 普通にタイトルを入力すれば終日イベントとして作成しますが、タイトルの先頭4文字が半角数字であれば開始時間として判断します。8文字なら開始、終了時間になります。
 例えば、、、
「テスト」と入力すれば、、、タイトルが「テスト」の終日イベント
「0630テスト」と入力すれば開始時間が06:30で終了時間が1時間後の時間イベント
「06301300テスト」なら開始時間が06:30で終了時間が13:00の時間イベントになります。